90s Dries Van Noten

90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
ID : MKN00000982
Designer : Recent maison vintage
Price : 58,320円  On Stock


size S
肩幅:53cm
身幅:57cm
袖丈:57cm
着丈:75cm
material wool70% × silk20% × nylon10%
color Red × Rose Pink × Beige × Ivory
condition A ヴィンテージニット特有の風合いが生じておりますが、全体として綺麗な印象です。

90年代のドリス・ニットは現在とは異なるベクトルにおいての驚異的な品質を誇っており、今では実現/再現するのが極めて困難なテクスチャーとクオリティ。ドリス氏の完成された感性と調和したスタイルには圧倒的なモードが漂う、素晴らしき年代の素晴らしきニットウェア。

ニットというプロダクトは、ドリス氏にとって特別な領域であることは前述の通りですが、世界的見地からも「ドリスといばニット」という認識を拡散させた特別な年代で御座います。それは偏に「オーバーフィッティング」というワードでは収めきれない程にエレガントな空間使い、上質な羊毛を主軸に限りなく精査を続けられたマテリアルの混紡、そこから編み成されるカラーテキスタイルは本当に素晴らしく、単にドリスのニットウェアというカテゴリーに留まらない魅力を秘めております。先ずテキスタイルですが、発色の良いスカーレットレッドを軸にグレージュの糸を織り交ぜながら、実は良く見て頂くとピンクが微かに混ざっております。この柔らかでクリーミーなローズピンクは、全体像を獲得する上で巧妙に仕掛けられた選定色。色と色を繋ぐ役割を見事に果たしております。次いでご注目頂きたいのがネック部分。タートルでもなく、モックネックでもない絶妙な長さは、ハンドニッティングの内容が如実に表現されたネックバランス。ドリス氏のクリエイションでは時折見られるディテールですが、ここのワンポイントで虜にされた方も多いのではないでしょうか。ネックに限らず、袖や裾まわり、編みの始末を自然とロールするように編み上げられ、長い時間をかけてお召し頂くと予測しない不規則な “歪み” を獲得致します。 “歪み” ないし、不規則で意図的ではない自然現象のように発生するこのロールは、まさにハンドニットの其れのように、例えば20年後にネームタグが外れたとて、「質の良いセーター」という純粋なポテンシャルを全面に表現された1枚のように存在する事と思います。そしてこの1枚に限らず、当時のドリス氏のニットは編みの組織が本当に素晴らしく、それはリバース頂くだけでもお分かり頂けるものと存じます。袖は5cm程折り返して頂いても何ら不都合御座いません。ジャストでご着用頂く御品では当然御座いませんので、女性の方がご着用されても宜しいかと。

この機会に90年代のドリスが編み成すニットウェアをご堪能頂ければ。永い御付き合いになる逸品です。御眼鏡に叶いましたら。