1880 - 1890s Victorian

1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
1880 - 1890s Victorian
ID : MJA00003270
Designer : Antique
Price : 102,600円  On Stock


size 肩幅:40cm
身幅:46cm
袖丈:63cm
着丈:89cm
material wool
color Lamp Black
condition A アンティーク特有の風合いが生じておりますが、年代を考慮しましても大変綺麗な素晴らしいコンディションです。

紳士服飾史を辿る上では欠かせない存在のひとつ、Frock Coat。テーラードジャケットの前型に位置する当方ですが、そもそもフロックコートとは自然光下における礼装着のひとつで、ダブルブレストが基本とされております。しかしながら本品はシングルの前合わせ。その上、乗馬を前提に仕立てられた短い着丈と襟を立たせるライディングホースの仕様。紳士服飾史を辿りましても出現しない稀有な素晴らしき御品で御座います。

1880年〜1890年代、馬に乗ることが当時の文化であり習慣であり富裕層の嗜みであった時代。英国はヴィクトリア王朝期、ひとりの富裕層の紳士によりビスポークされた本品は、端的に申し上げましても、ありえないほど上質な羊毛により織られた生地を、丁寧にカッティングし、丈夫に縫い合わせた素晴らしいコートで御座います。先ずは生地からお話せねばなりませんが、1930年以前、ヨーロッパは仏または英国において出土するテーラードの其れ等は、職人、仕立屋、扱うファブリックにより当然に個体差はあれど、基本的にはややザラついたテクスチャーのウール地を多く目に致します。故にデューティーなる特性を併せ持つ素晴らしい生地ですが、弊店では其れ等の生地を総称して「アンティークウール」と名称致しておりまして、現在の生産背景では再現が困難な種類のものとお含み置き頂けましたら幸いです。現在ですとより柔らかく、よりエレガントで、より質の良い生地を織ることができる素晴らしき技術を持ち合わせている世の中で御座いますので、わざわざ過去に遡り、わざわざ莫大な資金投下をし、わざわざトータルスコアを下げてまで生産する種類のものではない、という着地点がみえてくるものと察しますが、いずれにせよ、強烈なフィジカルを兼ね備えた習慣的な生地であること、そしてアンティークならではの質素で簡潔的な内容であることもお含み置き頂けましたら。しかしながら、本品に限っては常軌を逸した内容で御座いまして、大枚を叩いたのか、世界随一のテーラー技術の保有国ならではの職人による、圧倒的なその技術力が物を云わせたのか、通常目にしてきた其れ等の生地とは一線を画す素晴らしい “ 織り ” が確認できます。細さのある羊毛を限りなく密に織り上げたであろうテクスチャーは、触れるとまるでカシミアのように柔らかで、起毛もなくシーズンレスな想像を可能にし、掴むと横にも縦にも斜めにもあらゆる方向への強さが確認できる屈強性と柔軟性。その質の高さは、習慣物としてはこれ以上ない素晴らしい織物でありましょう。次にフィティング。この年代では先ず出土しないであろう収まりの良いショルダーホールド、全体のミニマム具合。ありえないほどモダンかつ現代的なフィッティングが許された構築的かつ立体的なサイズは、普段44、英国表記で34または36を基本とする細身のジェンツに心から推奨したいもの。

立たせることを常とする使用では、襟裏に丁寧に施されたステッチワークが見事な働きを魅せ、素晴らしいアームの前振り、構築的なパターン、袖の裏地は化繊ではなくコットンによる織り生地、そして取り出しやすいようにサイドに位置付けられたフラップ。さらにライディングホース仕様の裏付けとなる裏地背面の下付近両サイドに設置されたポケットは、シークレットポケットとしての機能がありながらも、馬に乗りながら吸い殻を捨てる(入れる)英国紳士ならではのシステム。(試しましたが、文庫本サイズであれば収納頂けます。)コートを精査するうえで、その純化した先に存在しているように、淀みなく、自然な帰結となり得る素晴らしい内容のお召し物で御座います。完結的なデイリーウェアとしまして心よりお奨めをさせて頂きます。