70s Lacoste

70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
70s Lacoste
ID : MBO00001246
Designer : Other
Price : Sold


size 29×28インチ
ウエスト:74cm
股上:32.5cm
股下:72cm
material wool70% × polyester28% × elastane2%
color Multi
condition A 全体として綺麗な印象です。

1933年、プロテニスプレイヤーであるルネ・ラコステが創業。テニスシャツから製造を開始した「Lacoste」は、スポーツという専門的な分野に留まらず、フランスの地でファッションとして確立/成立させ、独自の発展を遂げてきた唯一無二の素晴らしい内容で御座います。スポーティーでアクティブな本質が内包されながらも、70年代、プレタポルテの認識がより一層強まるファッションの世界に向けた同社のポジティブで積極的な姿勢というのが垣間見れるお洋服が出土しますと、服飾史の視点からも感銘を受ける次第。

本品は、70年代ラコステよりエントリーされたトラウザーで御座います。根幹としましては上述の通り、スポーティーでアクティブな本質というのが内包されているように、ウールのみの構成ではない、ポリエステルを30%ブレンドした、しなやかで強さのある生地。しかしながら美しさを全的に求めるように格子状に編集されたチェックパターンは、本当に見事で御座います。オックスフォードグレイをベースに敷きながら、スモークネイヴィ、そこにソルト&ペッパーのように均一かつ的確に、あるいは抑制されたレッドとダークグリーンの直線。統一された控えめな色度,彩度、全体のトーンバランス。チェックなんて、と仮に思慮深く留保を置きましても、腰の坐った本当に素晴らしい構成美で御座います。トラウザーとしてのフォルムも美しく、程よくテーパードされたレッグライン、裾幅20cmの具体的な求心力は、ワンクッションほどブレイクさせても、エレガントにダブルで上げて頂いても完璧に成立する寛容な造形美とフィッティングバランス。ヒップの気持ちの良い余白、質実剛健な其れではなく適度に抑制された “ ゆとり ” は、スポーツスタイルを餅屋とする同社の見事なチューニングセンスであり、ゆえに採択されたヒップポケットを排除する構成と、タックインした際に獲得する柔らかく自然なフォルム、アウトライン、しかしながら腰に据えた絶対的象徴こそ、アダルトな匿名性を裏付けるチャーミングな必要要素で御座いましょう。

裏地も膝辺りまでですので、3シーズンお召し頂けるものと存じます。日々のギアチェンジと謂わず、習慣的にお召し頂けましたら何より。どうぞご検討の程を。