40s France

40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
40s France
ID : MBO00001250
Designer : Work
Price : 34,560円  On Stock


size 30×28インチ
ウエスト:77cm
股上:32.5cm
股下:71.5cm
material cotton
color Hyacinth
condition A 当時の使用環境下におけるペンキ跡、各所裂傷、リペアの痕跡等確認できますが、お召し頂く上では何ら影響は御座いません。

本作は、当時フランスの地で働く人=ワーカーが着用していた一品。フレンチワークのトラウザーとしては代表的なスタイルでしょう。当時ワークウェアにおいて採用された素材のうち大半を占めたのが、表面を起毛させたような肌触りが特徴的であるモールスキン。肉厚で高密度なコットンは、耐久力と防火性の能力の高さ、タフネスな要素を全的に備えた素晴らしい内容で御座いまして、それは当時だけではなく、現在のおいても高く評価される素材のひとつで御座います。その耐久力は、約70年経過した現在でも恒久的留保を置くことが許されたように本作の存在自体がその証明でありますが、純粋な強さのみならず、“ 直して使う ” が見事に成立するポテンシャルこそ、本作含めフレンチワークの絶対的な魅力であります。

ヒアシンスブルーの綺麗な淡い色調は、水と日光をたっぷり吸収し、莫大な時間の経過が与えられてこそ叶う種類の色調で御座いますが、所謂「フレンチブルー」と総称されるほど当時を象徴するお色のひとつ。持久力と耐久力の高さから米国ワークトラウザーのジーンズと比較対象となり得る極めて近しいポテンシャルを有しており、インディゴブルーに対し、同寒色である代表的なフレンチブルー色こそ、そこに一票を投じる内容であると存じますが、永い歳月をもってしてマイルドに等しく落ちる退色と、クリーミーな柔らかさはデニム地にはない魅力で御座います。程よくテーパードが効いたレッグラインはボトムスでありながら “ トラウザー ” と表現するのが適当。全体としてコンパクトなフィッティングながら、股部分の可動域を獲得した見事なパターンは、日常の激しい運動やうごきを的確に拾い、ワークトラウザーの根幹を備えた素晴らしい実装で御座います。そして特記に値するカスタムリペアは、施しの内容から初代オーナー様の選定。美的見地があったかは知る由も御座いませんが、少なからず、“ 明日も履く ” という純粋無垢なベクトルと熱量のみが注がれた実際的な痕跡。その痕跡の一部、「刺し子」によってチューニングされたカスタムは、ハンドワークならではの素晴らしい選定であり、現代の発達したリペア技術や圧倒的な進歩を前にまるで対局に位置する内容とも思いますが、それは当時の環境でこそ自然発生した必然性、何よりデザインを目的としていないデザインこそ、仮にもメゾンにおける最大の教科書ともなり得るように、ある種の服飾史のページをも担う内容であると見解を置かせて頂きます。

上述の通り、ヘヴィデューティーな能力を保持する生地ですが、永い歳月をかけて獲得したコットン本来の柔軟性あるいはその柔らかさは、控えめにいいましても肌にとても良く沿うプラクティカルな魅力で御座います。この機会に是非。