late90s - early00s Dries Van Noten

late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
late90s - early00s Dries Van Noten
ID : MKN00001807
Designer : Recent maison vintage
Price : 43,200円  On Stock


size M
肩幅:41cm
身幅:51cm
袖丈:65cm
着丈:67.5cm
material cotton
color Multi color
condition A 全体として綺麗な印象です。

デビューコレクションから表現されるドリス氏のニットプロダクトには、一貫されたスタイルが存在することは周知の事実でしょうが、90年代〜2000年初頭にかけてのニットプロダクトでは、同氏の歴史を仔細に眺めましても、驚異的な品質/クオリティを誇っていると慎重に省察致します。それはおおかた、当時の生産背景やニッター/職人、純粋な編み上げの技術/精度の高さなど、理由は様々挙げられるものと思いますが、いずれにしましても同年代、他の追随を許さぬ圧倒的求心力を備えた突出した内容で御座います。同氏のマスターピースとして位置付けられるニット・プロダクト、決してポジションを譲らない明瞭たる魅力を、少しばかり感取頂けましたら何よりに思います。

ニットという編み物は、ドリス氏にとって特別な領域であることは上述の通り。世界的見地からも絶大な信頼を獲得している同氏のニットプロダクトは、コレクションに溶け込む構成的美しさではなく、編み物本来の暖かさと柔らかさ、次世代に残り続ける持久性、その力強さと共存するテキスタイルバランス、単一的圧倒性を備えたプロダクトであること、この辺り衆目の一致するところでしょうか。それらをじっくりと支える当時の生産環境、「手編み」の要素を大切にする同氏の一貫された感性が見事に表現された素晴らしき時代で御座います。故に、当時エントリーされた同氏のニットには、ハンドニットとしての魅力が表出されたプロダクトが多く、時間の経過や変遷、田舎の老婦人が設計図もなく手編みで仕上げたような具現性と、手入れが行き届いた精妙な具合も明確に感じ取ることができる、強烈な求心力が御座います。それは素材の選定にも起因するもので、数%の割合で組成をコントロールする同氏の嗅覚は、ファブリックの魔術師たる異名を拡散させるに一躍を担うことと存じますが、本作においては天然木綿のみの構成。染色糸を巧みに制しながら、柔軟にふっくらと編み上げたコットンニットは、素肌にお召し頂けるほど素晴らしい質感で御座います。あるいは均一的なミドルゲージを基盤に、リブやネックをローゲージで仕上げる技巧的な表現と、よく見なければわからない程度に制御する巧さも引き続き。90年後期から2000年初頭にかけて同氏が好んだとされる身体に気持ちよく沿うフィッティング、各方向に的確に伸縮するよう設計された編み目と運動量の多い腕周りへの頑丈な編み込み、縦へのシルエットをエレガントに表現したもの。深いネイヴィにエメラルドグリーン、ミドルグレイの均衡、品位のある多彩なカラーバランス、コンテンポラリーにまとめ上げられた構成美も、刮目すべき内容で御座います。

ニットウェア・コットンセーターとして永い御付き合いとなる逸品ですので、この機会に是非、御賢察の程を。