20s British

20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
20s British
ID : MJA00003461
Designer : Antique
Price : Sold


size 肩幅:45.5cm
身幅:54cm
袖丈:60cm
着丈:112.5cm
material cotton
color Ecru Beige
condition A 背面に約1cmの裂傷、裂傷箇所における修繕痕跡、各所薄汚れ等御座いますが、アンティークならではの風合いとして御愉しみ頂ける範疇です。着用にも何ら影響はなく、年代を考慮しましても、素晴らしいコンディションと判断致します。

1920年代は英国で仕立てられた外套で御座います。通称ダスターコートと呼ばれる本作は、現代に比べ外界環境が整われていなかった時代のヨーロッパ、特に英国において、紳士服を土埃や風塵などから護るために、あらゆる衣服の上から着用する“ 外着 ” としての認識と、紳士の定石的外套としてポジションしておりました。

ダスターコートは出土する殆どがリネンを用いた組成、織りで御座いますが、本作は稀有なコットンのみの構成。膨大な時間を吸収した事実のみでは説明がつかぬほど、ふっくらと柔らかく、素晴らしいポテンシャルを具有した天然木綿。その圧倒的なテクスチャーと触れ心地は、おおかた斜め方向に綿密に織り上げられた生地、その織りに起因する事と存じますが、淡いクリーム色のような染色されていない木綿本来の質こそ、類もなく素晴らしいと精察が叶います。量産期以前の丁寧な手仕事が感じられる仕立ては、裏地はなく、余計なファブリック混在もない無垢そのもの、質素で簡潔的な外套ながら、モダンさすら感じるフィッティングバランス、あるいは100年前の仕立てとは憶えぬほど現実性と実際的な着用感覚。天然木綿本来の柔らかくふっくらとした肉感的強さが、一層と明確になる襟の袋縫い、その特異的な形状は奇手そのもの。身頃の4ポケットはランダムな大きさと位置、釦の特徴的なフォルムも、所有者の比較性もない固有選定なのでしょうが、エキセントリックながら次所有者の個性を増幅させるに一躍を担う見事なディテールで御座います。

素晴らしい個体で御座いますので、是非とも御賢察を頂きたく存じます。Diaryへのエントリーもございますので宜しければ。 此方も合わせてご覧下さい。