90s Dries Van Noten

90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
90s Dries Van Noten
ID : MST00001872
Designer : Recent maison vintage
Price : 32,400円  On Stock


size 48
肩幅:48cm
身幅:55cm
袖丈:70cm
着丈:78.5cm
material cotton
color Multi color
condition A 毛羽立ちなど確認できますが、ヴィンテージコットン特有の風合いとしてお認め頂ける範疇です。

同社/同氏の表現は、90年代デビューコレクションから今現在まで一貫された内容が見受けられます。テキスタイル・バランス、ファブリックを媒体としたメッセジ、クラシカル・アプローチ。中でも、デビューから2000年初頭までの個体では、ハンドニットの追求や、着用者を限定させない空間表現、既に永い時間を吸収したようなファブリック・テクスチャー、共通して懐古主義的表現を多く確認し、あるいはレトロムードを1着の実相から顕したような個体を多く目に致します。

本作は90年代、ドリス氏の作品。オレンジトーンが強いイエローカラーを中心にまとめられたカラーパレット、その隙間に堂々と入るブラウンとの共存、そして線の強弱でシックに仕上げられたストライプ・テキスタイル。そもそも此のテキスタイルのみで素晴らしいのですが、やや起毛したようなテクスチャーがたっぷりの水と時間を獲得した事実を証明するように、その柔らかさとヨーロッパ田舎の引き出しに潜んでいそうなムードを如実に表し、ネームプレートを確認するまでアントワープの鬼才の仕事とはおよそ合致しないレトロ・アノニマスな均衡。それは大方、素晴らしいニッターとパイプしていた当時のランダムなハンドニットがそうであるように、粗野なカントリー調のファブリックを採択したテーラードがそうであるように、時間と恒久性をあくまで商業的に、相当なリアリティをもって表現する術というのは本当に素晴らしいと引き続き感興を抱きます。

トップ釦とセカンド釦との間隔、ラペルフォルム、チェストポケットの大きさ、フィジカルな生地、ニュートラルなフィッティング、意図せず袖を通した際に御体感頂ける、極上質とは一線横にポジションする現実的な品質、衣服としてタフである事実が先ず前提として、同年代ドリス氏の魅力であるように憶います。この機会に宜しければ。