30s France

30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
ID : MJA00003590
Designer : Antique
Price : 68,040円  On Stock


size 身幅:58cm
袖丈:52cm(脇下計測)
着丈:75cm
material cotton
color Aging leghorn
condition A 全体として擦れ,小穴,変色等生じておりますが、風合いとしてお認め頂ける範疇です。

当時、上流階級または裕福な層が嗜好していた世界のひとつに “Hunting / ハンティング” が御座います。主に狩猟用として開発される衣服は、1800年代からミッドセンチュリー辺りまでが最盛期と認識に至っている限定的な区分であり、1970年〜今現在にかけては生産環境も整い、より整合的かつテクニカルなアプローチ(総じてモダン)が目立つ詳細に対して、1950年以前、さらにWW2以前ですと嗜好というより生活の中心に据えていた事実も多く、より実践的で、プラクティカルな衣料を確認致します。「世界で最も美しいワークウェア」と称されるフレンチワークと同義、ハンティングウェアに関しても変わらぬ評価と賛美を獲得するフレンチ・ハンティングより、ここまで見事なプロポーションを具有した個体との出逢いも極めて幸運でした。

本作は1930年代頃に製作された個体。同区分の中ではマイナーに位置する実相で御座います。簡素で実践力のみを追求したコットンキャンバスの力強い正体と純然たる古き良きカバーオールで御座いますが、風の侵入を防ぐべくやや深めに設定したシングルの前立てや、腕の可動域を最大限確保、負荷分散を目的とした脇下のパターン、襟の設計やラペルとして成立させる折り返しなど、ワークウェアにも同様に謂えますが、シャツにスカーフ、狩猟時のみならずダスタージャケット(町着)として愛用されていた当時のハンティング衣料への向き合い方が如実に反映された詳細で御座います。アームの前振り、立ち姿まで男性的に魅せるアウトラインも本当に美しく、設計基底の細密さも伺えます。フィジカルで熱度のある生地は、本来濃いブラウントーンを帯びている推定を横に、レグホーンやホワイトベイジュまで抜けたカラートーン、ここまで洗い込まれ着込まれた真実も御査収頂き、ハンティングディテイルとして特徴的な背面のゲームポケット(是非とも都会的に実践的にご活用下さい) 、まだ硬さのある屈強な成り立ちと適度な厚み、今後ともじっくりと御付き合いを頂きたい個体で御座います。