early00s Dries Van Noten

early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
early00s Dries Van Noten
ID : MJA00003637
Designer : Recent maison vintage
Price : Sold


size M
肩幅:48cm
身幅:60cm
袖丈:68cm
着丈:89cm
material wool90% × nylon10%
color Charcoal gray
condition A 全体として綺麗な印象です。

ドリス氏がコレクションを開始した90年代初頭〜今現在においても確認できるミリタリー・スタイルの提案は、再現やリヴァイヴァルではない同氏独自の解釈論によるフィールドバックであります。それは資料への忠実性とも少し違い、転生に近い性質を有した素晴らしい意匠、つまりは再創造へのベクトルを一貫して注ぎ続ける特有性、その所論も引き続き内包し、少量で恐縮ですが、皆様へご提案を続けさせて頂きます。

本作は2000年初頭辺りにエントリーされたダブルブレストスタイル。フレンチミリタリーのダブルブレストコートを基底としながらアントワープの香りを色濃く表出させた内容として感取する象徴的なフラップポケットと紳士性とのアン・バランス性は、シーズンによって生地をとりかえ、カラーパレットに乗せて提案された個体も有り、当時、同氏が最も没入した設計のひとつと推断致します。本作は羊毛主軸の構成、ナイロンを1割混在させた理由はおそらく表面に獲得させたネップ。90年代は古き良き衣類への敬愛と表現から敢えて粗野なマテリアルやファブリック・ランクを落とした選定を確認できますが、本作のように90年代後期または00年より上等なファブリックが投入された個体を多く眼に致します。整合的な10釦、丁寧に打ち込まれた襟元のステッチ、実践的なハンドウォームポケット、総裏仕立ての暖かなウォームギアとして最高のパフォーマンスを御感取頂けるものと憶い、そして男性的シンボリズムとダンディズムをわかりやすく,しかも同時に露出し得る優秀色、ダークグレイトーンの魅力をこの機会に御査収頂けましたら何よりに憶います。

フィッティング・ガイドとしては当時年代に得意とされたコンパクトフィットの提案ではない内容に資料基底の一部を垣間みれるわけですが、オーバーコートとしてお召し頂く事、何ら差し支えないプロポーションを具有しております。冬期の一張羅として、宜しければ此の機会に。