30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
30s France
ID : MJA00003549
Designer : Antique
Price : Sold


size 肩幅:44cm
身幅:51.5cm
ウエスト:42.5cm
袖丈:63cm
着丈:78cm
material cotton
color Carrot Orange × Raw Sienna
condition A 各所裂傷や其れ等に伴う修繕痕、ヴィンテージコットン特有の風合いが確認できますが、着用に何ら差し支えは無く、この先永い事お付き合い頂けるコンディションで御座います。

当時、上流階級または裕福な層が嗜好していた世界のひとつに “Hunting / ハンティング” が御座います。主に狩猟用として開発される衣服は、1960年からより生産環境も整い、技術的でテクニカルなアプローチ / モダニズムを獲得して参りますが、1950年以前、さらにWW2以前ですと合理的かつ整合的な製造システムと背中合わせな手行程主体の生産が目立つ時代背景は、より実践的で実効的、プラクティカルな衣料を多く送り出しており、故に嗜好衣服という性質を越え、日常着までムッシュに愛されていた時代衣服で御座います。「世界で最も美しいワークウェア」と称されるフレンチワークと同義、ハンティングウェアに関しても変わらぬ評価と賛美を獲得するフレンチ・ハンティングより、ご紹介が叶いまして誠に光栄に憶います。

本作は1930年代頃に製作された個体。上述の通りハンティング・ウェアの実用に留まらず、日常衣服として愉しまれていた昇華点は、テーラードの基底を有する稀有な本作を裏付けるバックグラウンドと存じます。無駄がないコットンキャンバスの力強さ、背面のアクションプリーツと脇周りの運動域の妨げにならない設計術は衣服本来的な目的性に添うディテイル・メイクですが、相反するように構えるテイラーリングの息遣い、ウエストバンド、フィジカルな運針と構成重心の低さ、段返り3つ釦、あるいは定石点として設けられる背面のゲームポケットを排除し、前方に集約させた4ポケットもテーラードの基部を失わせない設計者の意図と存じまして、御仕立てとしてしっかり呼吸する純一なコットンテーラードの御付き合いを頂ける御姿で御座います。

特質的な容姿は主にカラーバランスに顕われたエイジング・トーンで御座いまして、本来の御色であるディープブラウンが赤みがかった染料であったことからキャロットオレンジ、ローシェンナにみられるウォーム・カラーへ自然昇華された唯一無二その特質と存じます。衣服本質的な構成美も然ることながら、本作に限る色調、この熟成様子を是非御査収頂きたい内容で御座います。御眼鏡に叶いましたら是非に。