1991s C.P.Company
1991s C.P.Company
1991s C.P.Company
1991s C.P.Company
1991s C.P.Company
1991s C.P.Company
1991s C.P.Company
1991s C.P.Company
ID : MJA00004293
Designer : Designers vintage
Price : 66,000円  On Stock


size 46
肩幅:53cm
身幅:63cm
袖丈:60cm
着丈:78cm
material Cotton 65% & Nylon 35%
color Apricot
condition A 襟裏、袖口の生地に破れが御座いますが、着用に支障は無く、経年によりエイジングされた雰囲気のあるコンディションです。

服飾史の中でもとりわけワークやミリタリーといった非モードの文化を研究対象としていた C.P. Company ですので、その初期時代に近づくほどにその要素性における“ 無垢さ ”が強まり、それが Vintage C.P.Company をわざわざ選択する意義の一つではないか と弊店は考えます。

無垢さはそのまま一着の服としての構築に繋がり、着飾る意味合いでの装飾性が減る傾向にありますので、“ ん、これがそう? ”という印象差異を生み出す可能性もありますが ( もちろんあくまで傾向のお話しで、現代に近しい華やかな作品群も多々ございます ) 、その潔く美しい非装飾の傾向であったり成熟した装いの方向性であったりといった、当時の時代性もあってこそのダンディな研ぎ澄まされ具合と、研究を重ねて生地をゼロベースから生み出す姿勢ならではの品質目線の調和にどうしようもなく惹かれます。

クリエイションにおいて影響を受けて・かつ与えて刺激し合っていた英国の香りを感じずにはいられない装いの調和。侘しい表現をすれば野暮ったい・豊かな表現をすれば利己的で知的で感性されたミドルの丈感に可動域をしっかりと備えた日常的なレイヤードによる着こなしの幅を有するシルエットバランス、留める・絞る・覆う, 逆に開放するといった日常で起きうる様々なシーンに対応できる機能性=装飾デザインの数々。例えばの話ですが、街中を散歩していた次の瞬間に突如森の中を疾走しなくてはいけなくなったとしても対応できる豊かさでして、これこそイタリアならびにイギリスの文化あってこそ産み出せるスタイル性であり、○○風でも●●ライクでもない正真正銘の世界観です。

高密度の織りが成す自然な光沢感、妖艶さがございますものの、社会においては基本的に静かな出で立ち, 佇まいになることと想いますが、元来において特殊な色調であることを努々お忘れになられませんよう、心からお願いしたく想います。静かさは自然な洗練性であり不変性ですし、そもそもにおいて備える着用感の心地良さや着こなしの有用性、そして何より機能美が洗練と不変を間違いなく有しておりますので、自然体て高品質で大人なジャケットとして末永くお愉しみ頂けたらと想います。

Copyright © SURR All Rights Reserved