80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
80s Nigel Cabourn
ID : MJA00004218
Designer : Designers vintage
Price : 63,800円  On Stock


size M
肩幅:48.5cm
身幅:55cm
袖丈:61cm
着丈:64cm
material Cotton 100%
color Horizon blue × Amber
condition A デニム特有のエイジングが御座いますが、とても綺麗なコンディションです。

ミリタリー、ワーク、アウトドア。モードやハイファッションとは異なる文化的な服飾史を正々堂々とアーカイヴとして収集し、それらに宿る変化の有用性と不変的な存在価値を同時に追求し続けるナイジェル・ケーボン。
氏のクリエイションは前身時代も合わせると半世紀ほど継続しておりまして、変わらぬ姿勢だからこその変わらぬ求心力が根幹にございますが、だからこそ光るのが初期衝動的なスペシャリティでして、ウエスタンカルチャーでありアメリカンカルチャーの代表的な存在の一つであるラングラー社の一着であると同時に、英国リヴァープール出身の音楽界最重要人物の一人である、長髪に丸眼鏡で“ f分の1ゆらぎ ”の声を持つ彼のパーソナルを想い出さずには居られない象徴的なモデル系統を御手本に設計された本品は、まさにその通りな熱量を秘めています。

オーセンティックを主軸としながらもさりげなく品の良いデニムの表情に、リソースを尊重すると同時に洗練性と実用性を兼ね備えたパターンメイク。それぞれにおいて発揮されるモダニズムの判断が、過去の品々ならではの今とは異なる“ 当時の現代性 ”を基に成り立っており、それこそその時代にしか産めない調和ですので例えば今に挑戦したとしても●●風にしか成り得ないのですが、とは言えそれら“ 当時の現代性 ”の全てが現代においても見事であるか, 惹かれるかと言えば決してそうではなく、時代に留まったままの, 時代を超越することのない類もございまして、それらは寝かせておけばいつの日か脚光を浴びる瞬間が訪れることもありますので極めて興味深く根本的には面白い要素ではございますものの、やはり基本的には安易ではない, 軽々しくない, 繊細な要素ではないかと存じます。

その度に想うのがクラシックの強さ。実用性・有用性・美的感覚など、例えば石畳からアスファルトに成ったとても存在し続けるレザーソールのように、時代を越える設計基準や判断基準はやはり相応の求心力と説得力と、最終的には立ち返るべき存在価値がございます。その点で申しあげますと本品は活動的な着丈やアームのボリューム感など、スタイリッシュやクールといった印象を初見でまず思い起こさないかもしれませんが、最終的には立ち返る完成度にて各所が成り立っています。

そしてもう一つがプロダクトデザインとしての要素性。ラングラーの感性された機能デザインに、更にヴィンテージミリタリー的な、更に言えば英国軍ロイヤル的な威風堂々たるポケットデザインを追加した本品の設計着地。本当に素晴らしいです。

古典的でありながら時代を越えるプロダクトデザインとしての要素性と、それに伴う現実的な有用性を兼ね備えた一着。是非とも存分に御愉しみください。これを機にブランケットライナーの素晴らしさを改めて御体感頂けましたら幸いです。

Copyright © SURR All Rights Reserved