70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
70s Yves Saint Laurent Rive Gauche Homme
ID : MJA00004182
Designer : Designers vintage
Price : 203,500円  On Stock


size 肩幅:49cm
身幅:61cm
袖丈:69cm
着丈:114cm
material Pure wool 70%×Cashmere 30%
color Midnight blue
condition A 各所に起毛したウールコート特有の毛抜けがございますが注視して気付く程度です。全体的には着用感も少なくGOODコンディションです。

弊店にとって欠かせない要素であるデザイナーズヴィンテージにおいて特別な存在であり、そもそも服飾史における最重要人物であり、当時から現在に至るまで老若男女数えきれない人々の装いと心を豊かにし、美術館や博物館のショーケース内を彩り続け、数年前に財団が設立した二カ所の独立美術館によって既に確固としていたその地位を今まで以上に確かなものとし、服飾史に残した幾つもの偉大な作品群がこれからも服飾における全方位にとっての教科書で在り続ける正真正銘“ モードの帝王:Yves Saint Laurent ”
その最高峰のコレクションラインである Rive Gauche にはムッシュの全盛である1960-70s の時代には男性用が存在しないと長年に渡って想い続けてきた愚かな愚かな我々をあざ笑うかのように、突如眼の前に現れた一着の70s Rive Gauche Homme によって弊店は口がぽかんと開いて一瞬思考が停止する驚きと、その直後に世界が生まれ変ったかのような喜びを覚えると同時に、それを求める旅という苦しい苦しい道のりを歩まざるを得なくなりましたが、俄然喜びの方が圧倒的に強いまま今に至ります。
デザイナーズ・ヴィンテージの世界において最上級の大看板の一つである Yves Saint Laurent ゆえ世界中にコレクターが存在しながらも、1960-70s 時代のリヴゴーシュ・オムは未だにまったくと言って良いほど認知されておりませんので、求めようにも声をかける“ 場 ”が存在しないという未開発な土地にも関わらず、さらに不明性が高まる Made in Italy. というクリエイション。それがこの度御提案させて頂くコートとなります。

ムッシュ・サンローラン氏個人の嗜好である、曲線美を活かした女性的なラインを基にした男性像に、イタリアの仕立て職人であるサルトリアの独自な技術力が合わさるからこその軽やかで滑らかで力強い着用感。そしてイタリア本国のクリエイションだからこそのフランスとはまた一味異なる最上質な素材感。ムッシュが本国ではなくあえてイタリアに創造性を求めたからこそのこれら構築は近年のフレンチメゾンにおいてはポピュラーながら、当時はきっと大胆な判断だったことでしょう。これら実験的で意欲的な発信もやはりミラノコレクションやピッティウオモも始動もきっかけの一つだったのでしょう。

ムッシュ本人によるリヴゴーシュ・オムの世界観は、時に女性に向けてのモードを軸にしていることもあれば男性に向けての世界観を軸にしていることもありますが、本品におきましては前者でして、言うなればそれは女性向けて設計されたものを男性用に変換するといった趣向ゆえに良い意味でThe 紳士服とは異なりますが、その融合は間違いなく後のデザイナー達が表現し続けている男性に向けてのモードスタイルの本質そのものと言えます。
例えば本品におけるコクーンのオーヴァーサイズ・フィッティング。サイズ表記 52 ながら、その数値以上に特殊な設計でして、そのバランスを弊店にとって異論の余地なくメンズモードの始祖的な一着と捉えます。それがべーシックなダブルブレストのチェスターフィールドコートを土台とし、かつミッドナイトブルーのカラーリングですので、宝物にならないわけがありません。

Copyright © SURR All Rights Reserved