1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
1990s C.P.Company
ID : MJA00004219
Designer : Designers vintage
Price : 114,400円  On Stock


size 46
肩幅:52cm
身幅:60cm
袖丈:61cm
着丈:64cm
material Cotton 65% & Nylon 35% & Leather
color Burnt sienna × Cork
condition A 袖口にアタリや全体的にエイジングが見受けられます。今後のエイジングも御愉しみ頂ける、とても良いコンディションです。

アメリカンカルチャー的、ミリタリーカルチャー的、A2フライトジャケット的な要素を積極的に取り入れ、匠にモダンなスタイル性と着用感を獲得し、最終的にはクラシックの要素を尊重しているにも関わらずオリジナリティ溢れるデザインに感じさせるバランスを獲得する、正々堂々と服飾史に向き合ってクリエイションを丁寧に追求するからこその C.P.Company らしい創造性が詰まった一着ですが、品質表示に

ESTERNO1: ( 表面その1 )
65% COTTON
35% NYLON
ESTERNO2: ( 表面その2 )
LEATHER
FODERA:( 内側 )
64% WOOL
20% POLYURETHAN
16% NYLON

と、記載され、更に独立したラベルに大きく“ RUBBER WOOL / MASSIMO OSTI STUDIO ”と記される通り、研究姿勢・探求姿勢に秀でた同社の中でも特に濃いクリエイションが詰まった本品。
かねてより主にヨーロッパでは熱狂的なファンが数多く存在し、それらの人々による解説図鑑の類も多く発行される C.P.Company では、近年の諸々とは関係なくそもそもにおいて ARCHIVE = 保管・収集という文化が根付いておりましたが、それらの論点においても純然たるファッションピースとしても、大変に重要な存在価値を有する一着ではないかと存じます。そもそもの存在感として、まず。

前述の通りデザインとしてはベーシックですが、上記の素材構成から成る存在感と、パターンメイクのバランスがとにかく癖モノでして、身幅が特に広くどっしりとしたボリューム感で一見野暮ったいようですが、袖を通すとすぐに洗練された印象に変わります。何故でしょうか、不思議。男くさいはずなのですが、とてもスタイリッシュなのです。

きっとパターンメイクのバランス感覚と素材の力なのでしょう。となると MASSIMO OSTI STUDIO の感性力あってこそとなりますので、やはり保管と収集の対象として相応しく、それこそ純粋なファッションピースとして、リアルクローズとして相応しく思います。

1990年に製作された逸品です。

Copyright © SURR All Rights Reserved