30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
30s French bespoke
ID : MJA00008387
Designer : Antique
Price : Sold


size 肩幅:47cm
身幅:60cm
袖丈:63cm
着丈:133cm
material Cotton
color Black
condition A 背中上部と肩に修繕跡、最下部の釦が二つ変更されていますが注視して分かる程です。また、右身頃の一部に生地の継ぎ接ぎが御座いますが、着用に支障は無く、アンティークの御品としては良好なコンディションです。

1930年代にフランスで仕立てられたビスポーク=個人注文服のコート。

133cmという極端に長い着丈、両胸のINポケット、スリットのみでポケットが存在しないサイドの仕様(座るときに物を入れていたら邪魔だったんでしょうかねぇ)、ダブルブレストのディティール、そしてもちろん曲線美美しいサイズ感など、全ては既製ではないビスポークならではの要素性でして、いわゆる同国におけるオートクチュールを想わせる、迫力と秩序と説得力と有用性に満ち満ち溢れたリアルアンティークであり、結果的にそれらの構築が相まみえることによって極めてモダンなバランスに仕上がるという、弊店にとっては奇跡の一着と冠しても言い過ぎではない一着です。

フランスという国における“黒い服が簡単な存在ではない”という時代風潮を鑑みても、そもそもにおいて珍しい部類となるブラック・モールスキンという御素材ですが、それを軽く仕上げるいわゆるブラック・ライトモールスキンは希少性が格段に高まるものの、その蕩けるようなニュアンスや軽やかな着用感や起毛特有の風合いは、希少性うんぬんかんぬん以上に単純明快な格好良さ・美しさが在ります。
実際、とても軽いです。ちょっと厚めのシャツと捉えて頂いて差し支えないほどの軽やかさですので、これほどのマキシ丈ですから着用時のムーヴメントは感動するほどの迫力があるのですが、強い丸みを帯びたパターンの上半身から下の部分がまるでドレスのようなフレアの設計になっておりまして(着用画像でも形状をご確認頂けることと存じます)、その素材表情・動作表情を一層尋常成らざるものにしております。

このスタイル性、各所の設計バランス、素材特性、コンディションの良さ。全てが調和した本品はリアルアンティークですが、アンティークらしさを排してお楽しみ頂けます。本当に素晴らしい逸品です。

もともとはワーク目的でもありそれこそ乗車時に着用するダスターコート目的でもあり、日常的に着られていたオーヴァーコートの類でして、ピッタリ身体にフィットさせることを想定いない、この当時において既にオーヴァーサイズフィッティングを意図した一着です。普段50サイズの上半身でもナチュラルなオーヴァーサイズ感をお楽しみ頂ける構築で(実寸地よりも大きい印象を抱きます。これもやはり曲線の強い上半身構築の賜物かと)、ゆったり感=オーヴァーフィット感を高めたとてそれが正解な構築ですので、ある程度の身長以上はほとんど全ての御体に御提案できることと存じます。こちらのページに掲載している着用者は身長172cmで細身44サイズの身体となります。ご参考くださいませ。

最後に。ボタンがめちゃくちゃ格好良いです。動物の角を加工したと思われる類ですが、似たものがありません。長年かけて収集してきたコレクションに奇跡的に近しいのが在ったのでなんとか不足分を補うことができました。

いやはや本当に良い服。こういった一着に出会えるたびに、この仕事をしていて良かったなと思います。

Copyright © SURR All Rights Reserved