late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
late90s Ballantyne
ID : MST00009187
Designer : Maker vintage
Price : Sold


size 1 表記
肩幅:59cm
身幅:58.5cm
袖丈:57cm
着丈:74cm
material Sea Island cotton 100%
color Chrome yellow
condition A とても良いコンディションです。

90年代後期、Ballantyne cashmere 社のコットンカーディガン。

元々は英国軍人のカーディガン伯爵7世が、負傷した隊員がプルオーバーセーターの脱ぎ着を四苦八苦していた様子を見かねてフロントを割いたことから生まれたカーディガンというファッションピース。近年においてそのスタイル性は様々に分布し、ことヴィンテージ時代のクラシックニット“メーカー”が設計するバランスにはそこならではの考えと美学がありますが、専門かつクラシックを大切にしていたファッションデザイナーではなくメーカーが設計したそれらのバランスが、時間の経過によって保守的クラシックではなく積極的ファッションデザインな印象に成るというのは、なんとも面白い限りです。

ことカーディガンというのはその起源もあって、根本的に内側に必ず何かを着用する=羽織る存在というのが前提ですので、その構築はメーカー個性やデザイナー個性様々ございますが、やはりこれらクラシックニットメーカーの普遍的なバランスと言えば、こちらのようにゆったりと曲線を活かした丸みと可動域の豊かな自然体のオーヴァーサイズフィッティング。この(結果的に)現代的なオーヴァーサイズのバランスでかつ最上質の素材感って、探すと本当に無いのです。現代のクラシックニットメーカーのそれらは、なんというかシャープさが先に立つのでまた違うのです。

また今回の素材、West Indian Sea Island Cotton がまた良いのです。カリブ海諸島の一部のみで栽培条件が整い成長する綿花は、かねてより英国王室を中心に世界中の人々を幸せにしてきましたが、バランタイン・カシミア社の厳しい基準点で選別されたそれらはもう絶品中の絶品。
どちらかと言えば緩めの織りと言えるのでしょう。とは言え作為的なローゲージではなくあくまでスタンダードな範疇で、素材感そのものの柔らかさと心地良さがローゲージ的な印象を抱かせるように思います。ふわりと優しく軽やかで、コットン特有の爽やかな着用感を幅広い季節でお楽しみ頂けます。

何度も申しあげますが、このシルエットバランス, スタイル性, そして素材感が成り立つ一着のカーディガンとは本当に出逢えないのです。それこそAW期ではなくSS期の活躍が期待できる一着ですので、本当に優秀な味方に成ってくれることと存じます。
自然体なオーヴァーサイズとだけあってフィット感はFREE。御推奨致します!

Copyright © SURR All Rights Reserved