80s Best Company
80s Best Company
80s Best Company
80s Best Company
80s Best Company
80s Best Company
80s Best Company
ID : MKN00002084
Designer : Designers vintage
Price : Sold


size XL 表記
肩幅:58cm
身幅:58cm
袖丈:57cm
着丈:69cm
material Wool 75% & Acrylic 15% & Nylon 5% & Rayon 10%
color Multi color
condition A 素材特有の毛羽立ちが見受けられますが、とても良いコンディションです。

ノルディックLIKEな技巧的ニッティングワーク特有の暖かみ,スクールボーイLIKEなホッコリ感,ニットの多色使い特有のオールド感。それらは全てニットカルチャーにおける強みであり魅力であり、ニットだからこその優しさに成り得る要素性にも関わらず突き抜けるほどに攻撃的なスタイル性に前かがみのファッション性たるや。これまでに様々な Olmes Carretti 氏の Best Company クリエイションと触れ合ってきましたが“ここまで”のレベルは初めてかもしれません。

そもそもにおいて一着の服として捉えた際に現代目線におけるファッション性よりもヴィンテージ目線におけるファッション性が際立ち、所見では“格好良い”よりも“ダサい”という印象が際立つにも関わらず、実際に着用するとその印象が逆転する特殊なロジックが Best Company というファッションブランド及び Olmes Carretti 氏の世界観の特徴であり最強の魅力でしたが、本品におけるその前者, ダサさは尋常ならざるものがあります。ニットワークとしてテクニカルですしカラーパターンとしても積極的な創造性があるにも関わらず突き抜けてダサい。ダサ過ぎる所見印象。こっちに一歩でも言ったらダサくなる的なギリギリの線を軽々超えているにも関わらず着たら一切笑えないほどに格好良いのが Best Company ですが、それすらも軽々ぶっ飛んで超えています。いったい何ですか胸元の馬は、競走馬でしょうか。そして背中に燦然と輝くロゴ。まるで

しかしながら本当に感動しました。その狂おしいほどの攻撃的積極的ダサさが全て秀逸なクリエイティビティに則っているのですから。クラシックながら精密で丁寧な編み、テキスタイルデザインの高度なコーディネート、上質な刺繍のテクニック。全てがそれこそ Best Company ならではの上質な職人技術と感性に則っておりまして、それが本品の圧倒的存在感の要因となっています。

ゆえに実際に着用した際の格好良さは、こちらも流石の一言でした。いや、高低差が普段より圧倒的に高いため、印象差異は尋常ならざるものがありました。。。モックネックのセミオーヴァーサイズのBOXシルエット構築、ベーシックな素材組成ながら自然体の高級感。ダサ格好良いというスタイルの方向性も数年前から定番になっていますが、やはり Best Company は一味も二味も違いますね。なんと言うかダサいままで格好良いと言うか、ダサいと思っていたら格好良いと言うか。根本的が違うと改めて思った次第です。

Copyright © SURR All Rights Reserved