90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
90s Emporio Armani
ID : MJA00008444
Designer : Designers vintage
Price : Sold


size 肩幅:49cm
身幅:58cm
ウエスト:41cm ※ヘムライン
袖丈:58.5cm
着丈:57cm
material Coated cotton
color Oriental blue
condition A ワックスコーティングの施された生地の為、所々に1mm以下程の白い斑点が見受けられます。また右胸ポケットの左下部に染みが御座います。共に着用に支障の無いコンディションです。

90年代の Emporio Armaniクリエイション。

ジョルジオ・アルマーニ氏にとっても、いや、イタリア軍のウェアデザインを実際に手掛けていた氏にとっては他のデザイナーよりも重要であったことでしょう、服飾史におけるミリタリーという存在は。
そのおかげか本品のように特にストイックなミリタリースタイルジャケットが生み出されました。ファッションリソースとして, メンズウィメンズ問わずスタイルそのものとして大大大定番なミリタリー様式ですが、モードにおいてここまで良い意味で本格的な姿勢というのはなかなか出逢えませんし、そもそもにおいてバランスよく成立させることは簡単ではないことでしょう。

英国のバトルドレスであったり各国におけるフライトジャケットであったりの要素性を抽出し美しいパターンメイクで構築しておりますが、線の繊細さを表立って目立たせておりませんので場合によってはリアルミリタリーと捉えられてもおかしくはないほどの無機質な機能装飾ですが、ポケットの曲線やシェイプの美しさはやはりアルマーニ氏のそれ。大々的にデザイン性を主張しないにも関わらずリアルミリタリーではなくリアルモードとして認識させてくれるのはイタリークリエイションらしい生地感で、ワックスなどのコーティングを施すことによって獲得した特殊な肌感に色調は、やはりファッションとしての精査が無ければ実現しません。なんて美しい裏面でしょう。

ウエスト上部をグッとタイトに締め付けるデザインレングス。この攻めた構築とストイックなスタイル探求には本当に痺れました。フロントを閉めても良し開けても良しな多面性を取り入れたファッションピースが多い中でここまで圧倒的に閉めた方が惹かれるという頑固な格好良さには久方ぶりに出逢いました。好みは様々ありますからね、そりゃ様々成立した方が良いですし、私もTPOに応じて閉めたり開けたりが楽しめてどちらも格好良いのが好みなのですが、ここまで圧倒的に格好良い説得力で“綺麗に閉じるスタイル”を提案されたらそりゃもうイチコロです。とはいえ開けても成立しますのでご安心ください。

それにしてもアルマーニ氏の世界観、当時の資料においても弊店は猛烈に惹かれます。資料はあくまで資料として参考にすることが多いのですが、こと氏のクリエイションに関しては上下のバランスなど素直にそのまま受け入れたくなる次第です。

Copyright © SURR All Rights Reserved