late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
late70s Yves Saint Laurent
ID : MJA00008439
Designer : Designers vintage
Price : Sold


size 表記無し
肩幅:43cm
身幅:51cm
ウエスト:94cm
袖丈:65cm
着丈:77cm
material Wool
color Brown
condition A 着用感の少ないとても良いコンディションです。

70年代後期、Yves Saint Laurent のテーラードジャケット

紳士的スタンダードの範疇で味付けされたショルダーライン、程好くコンパクトなカマ、人体に寄り添うカーブアーム、流れるような曲線美でどこか女性的な印象すら抱かせるウエストシェイプ、そしてしっかりとした着丈感。ムッシュサンローラン氏が設計したこれらテーラードバランスは当時におけるファッション目線によるメンズスタイルの雛形となり、そのまま現代まで受け継がれた男性的なモードの礎と言える世界観及び構築です。

そのフレンチツイード素材というのは弊店にとっても極めて希少性の高いマテリアルチョイスでして、レザーのクルミボタンに手縫いのエルボーパッチとそれこそツイードジャケット特有の“ホッコリ感”要素に満ち溢れていながらも、結局のところムッシュ構築特有の男性的Eroticismを120%発揮してしまう、いや、ましてやスイカに塩的な感じで逆に強調されたムード漂う一着。
御馴染みのパッチポケット設計=カクテルジャケット構築なのですが、サイドポケットはなんとレザーでマチが配置されており、活用時に若干開くようになっています。またショルダーラインも意図的に強いラインで前面に配置されていたりと前述の要素性と併せて兎にも角にも活動的な設計でして、ムッシュ時代のテーラードジャケットはある程度ご案内してきた弊店ですが、この要素性の集合体は初。メンズモードとしての正統個体でありながら良い意味で非正統な印象です。

しなしながら前述の通りスイカに塩メソッドの逆にムーディーでセクシーなメンズモードの空気が猛烈に漂います。サイズ表記はございませんがバランス的に48ほどの御身体に御推奨が叶う貴重なサイズ感です。
是非この機会に服飾史の至宝による設計を貴方のクローゼットに。

Copyright © SURR All Rights Reserved